現在、ご依頼の新規受付を休止しております。何卒ご了承下さい。

なかがみや nakagamiya.com

Home Home » Web » 制作・デザイン » Photoshopでガラス加工のような効果の付いた画像を作るチュートリアル。

Photoshopでガラス加工のような効果の付いた画像を作るチュートリアル。


Photoshopを使った、簡単なガラス・エフェクトの掛かった画像の作り方をご紹介します。

作り方の手順

1. 新規ファイルを作り、1つめのレイヤーに長方形、その上のレイヤーにテキストを書く。

手順1-1
長方形の上に文字。

手順1-2
レイヤーはこんな状態。

2. 新規レイヤーを作り、ペンツール、描く種類は「パス」を選択、四角+半円のような形のパスを描く。

手順2-1
新規レイヤーを作る。

手順2-2
ペンツールを選択、描く種類は「パス」。

手順2-3
四角+半円のようにパスを描く。

3. 描いたパスを右クリックし、選択範囲を「ぼかし 0」で作成。

手順3
パスから選択範囲を作りました。

4. グラデーションツールを選択、描画色は白、グラデーションのパターンは「描画色から透明に」を指定し、先ほどの選択範囲の上から下へグラデーションを描きます。

手順4-1
上から下へ、グラデーションを描きます。

手順4-2
こんな状態になります。

5. このままだとグラデーションが濃いので、レイヤーの不透明度を60%に下げます。さらに、テキスト色も濃くて馴染まないので、同様に不透明度を75%に下げます。

手順5-1
グラデーションを作ったレイヤーの不透明度を下げます。

手順5-2
テキストのレイヤーの不透明度も下げます。

完成です!

完成画像

以上です。用意した画像にちょっとインパクトが足りない! という 時に使えますので、引き出しの一つとして覚えておくと良いですね。


New »

Old »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

▼スパム対策(必須) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Home Home » Web » 制作・デザイン » Photoshopでガラス加工のような効果の付いた画像を作るチュートリアル。

お問い合わせフォーム, 管理