現在、ご依頼の新規受付を休止しております。何卒ご了承下さい。

大阪市北区 パソコン・スマホ・タブレット・Wi-Fi 出張設定 7,000円
090-9717-7252 / nakagamiya@gmail.com / お問い合わせ

なかがみや nakagamiya.com

Home Home » パソコン・ネット出張設定 » サポート日誌 » 無線LANルーターの設定でよくある接続不具合と解決法。

無線LANルーターの設定でよくある接続不具合と解決法。

まいど!なかがみです。とうとう気温が1ケタ。冬到来!ですね。お鍋や、朝の熱ーいお味噌汁が涙が出そうなくらい美味しいです。

さて、今年多かったなぁ、というお仕事内容が1つあります。それが「無線LANルーター」がうまく使えない、というトラブル。別名「Wi-Fi」というやつです。

数年前まで「有線LANの方が安定して高速通信ができて、無線LANは設定が難しい上に速度が出ないし、つながらない。セキュリティも盗聴されそうで怖い。」そんな話をお客さんからよく聞きました。私の実感としても、有線LANの方が安心して快適に使えていました。

しかし最近では、無線LANが進化。有線LAN並みに高速化し、設定は簡単にボタン一発、通信は強力に暗号化されセキュリティも向上しました。無線機能搭載PCの一層の普及も重なり、無線LANルーターの設定依頼がぐっと増えました。

無線LAN利用者が増えたことで、混信もひどく。

ひそかに、無線LANルーターが販売され始めた頃から不安に思っていたのが、混信。同じ周波数を使ったルーターが、近所で複数設置される場合、電波の干渉が間違い無く起こります。一般利用者向けの市販品ですから、当然、どの機種も使う周波数が同じになります。

一応メーカーも、家庭内での利用を考えて電波強度を設定しているとは思いますが、家の広さは多種多様。当然、電波がご近所さんにまで届くことになります。特にアパート、マンション、ビルといった集合住宅では、電波密度が高くなり、より混信が増えます。

自動でやってくれるけど、余り賢くない無線LANルーター。

混信がひどく、速度が上がらない、もしくは無線自体がつながらない。そんな時によく効く解決策があります。その名も必殺「チャネルずらし」です。

現在普及している無線LANルーターの多くは、2.4GHzという周波数帯を利用しています。その中でさらに細かく区切り、チャネル(チャンネル)を1~13chの間で選ぶことができます。ラジオやテレビの受信チャンネルのようなものと考えてください。同じ電波が重なると、聞こえない、映らないってなりますよね。

このチャネル設定、ルーターを購入したままだと、初期設定では「自動選択」というものが多いです。しかし困ったことに、この自動設定が、あまり賢くないことが多いのです。「自動で最適なチャネルを選びます」とあるのに、何くわぬ顔で超混信チャネルに設定されたりすることが多々。私に相談が来るというわけです。

快適にWi-Fiを使うには、手間だけど手動設定。

機種によって操作に違いがありますが、無線LANルーターの管理画面にログインし、無線の設定画面を開けば、だいたいどの機種にもチャネル設定の項目があります。もし自動設定になっていたら、まずは適当なチャネル数を選んで設定を完了し、様子を見てみましょう。

電波の混信具合を調べるのに便利な無料ソフトがありますので、ご紹介しておきます。海外製で英語表示ですが、操作は難しくない方です。

Windows、Mac、Android端末で使えるので、それぞれの環境にあったものをダウンロードしてお使い下さい。

チャネルずらしのついでに、高速モード、という設定がある機種もありますので、あわせて設定してあげると、より快適に使えます。是非お試しください。

※まれに、電子レンジ、ワイヤレスヘッドホンといった無線機器が近くにあって、電波干渉が起こることもあります。チャネルを変えても通信がうまくいかない時は、他の無線機器が近くにないかもお確かめ下さい。

ご自分での設定が難しい場合は、どうぞご依頼下さい。

New »

Old »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

▼スパム対策(必須) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Home Home » パソコン・ネット出張設定 » サポート日誌 » 無線LANルーターの設定でよくある接続不具合と解決法。

お問い合わせフォーム, 管理